2010年06月15日

ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)

 民主党新人の大野元裕氏の陣営では「誠実に答える立候補予定者のイメージをアピールしたい」とブログで質問の受け付けを開始した。現職の島田智哉子氏もブログで活動を報告し、現職の実績をアピールしている。

 同党埼玉県連も、ホームページ(HP)上に「動画」を公開するなどネット戦略を重視。「単に演説を配信するのではなく、テーマを絞ったインタビューなどでメッセージ性を高めたい」(県連関係者)と意欲的だ。

 自民党現職の関口昌一氏は、小泉進次郎衆院議員が来県した5月22日の街頭演説の動画をHP上に公開、当日は生中継も行った。同党県連会長の新藤義孝衆院議員も「いい絵を求め、動画機能を追求する」としており、動画を活用したアピール合戦が白熱しそう。

 ユニークな双方向サイトを始めたのは共産党。埼玉県の地図上にコメントをつけられる「伊藤岳の埼玉ボイス!」を4月に開設した。県委員会幹部は「地域からの情報発信と対話を軸に、若年層や無党派層との結びつきを強めたい」と狙いを語り「党内でも全国初だ」と胸を張る。

 公明党現職の西田実仁氏は、ミニブログ「ツイッター」を多用する。昨年12月の開始以降、つぶやきは650を超える。西田氏は、「TV討論に出たら、早速フォロワーが増えるなど反応がリアルタイムでわかりやすい」と語り、ネット効果を肯定的に受け止めている。

【関連記事】
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
ネット選挙〜現場報告 秋田 高齢化の街では「対面主義」!?
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし
ネット選挙解禁、会期延長なければ「白紙」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<はやぶさ>「金メダル級」成果、次々 ギネス申請も検討(毎日新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
posted by タカスギ ヒビキ at 19:57| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。