2010年05月28日

初日の経産省、6事業廃止=府省版仕分けスタート―政府(時事通信)

 政府の府省版事業仕分け「行政事業レビュー」が26日、経済産業省を皮切りに3週間の日程でスタートした。行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が公開で実施した一連の仕分けの手法で、各府省が無駄排除・効率化を徹底。2010年度予算の執行や11年度予算の編成に反映させるのが狙いだ。
 初日の経産省は9事業を対象に実施した。中小企業振興を担う「小規模事業対策推進事業費補助金」で運営している中国・上海事務所の相談・調査事業を廃止。海外で石炭の利用技術向上を図る「国際石炭利用対策」や自治体を対象とした「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定」などを含む合計6事業を廃止とした。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け

<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
首相動静(5月25日)(時事通信)
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も―不同意堕胎事件で医師(時事通信)
posted by タカスギ ヒビキ at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。